海があるのが常であったところ-語 海が海岸で強く、重ね合わせられてどこにか会う、 それに穀物を穀物によって取る、 彼は決して金持ちではなかった しかし各波楽しまれて、 各々の塩辛く風味がよい渦巻、 彼は、彼の唇の泡取った。 夜、 波は再度着いた、 空気の臭い 塩水のにおい、 彼は荒海をで待っていた、 彼女の浜で休むため、 海の彼女の破烈の取得 その太陽を愛するおよび 適切な砂。 しかし太陽は坐った- そして夜に雨が降った 軽くそして草原を渡って。 柔らかい霧が解決した時 彼は知っていた、 彼は知っていた 旅行の背部があった 海に。 デーブ 12月1日08日

Advertisements